ほどほどの利回りを狙おう|空室対策で安定した収益を得る|賢いマンション経営
家族

空室対策で安定した収益を得る|賢いマンション経営

ほどほどの利回りを狙おう

電卓

様々な選択肢があります

資産を増やしたいのであれば、利回りのよい投資商品で運用をしておく必要があります。利回りは高くなればなるほど、リスクが高くなったり、怪しかったりしますが、3%から5%程度の利回りであれば、それほど大きなリスクを取らなくても確保することができます。例えば、3%程度で運用できるものとしては、国際的な優良企業への株式投資が挙げられます。世界的に有名な自動車メーカーや精密機器メーカー、大手商社などの中にも3%を超える配当利回りとなっているものがあります。但し、株式投資は価格が大きく変動する可能性があり、日によっては配当利回りが3%を下回るケースもあります。株価が下がったところで買えるように準備しておく必要があります。

ミドルリターンを目指そう

株式投資よりもリスクを抑えて3%から5%程度で運用をすることができるものに上場不動産投資信託があります。大手不動産会社や大手ハウスメーカーが運用に携わっているものもあり、信用力も比較的高い投資商品と言えます。もう少し高い利回りを求めたいのであれば、中古マンションでの不動産投資があります。都市部の中古マンションでも、表面利回りで5%から7%の利回りを確保することができます。中古マンションは空室になってしまうと、収入が途絶えてしまうので、投資する中古マンションは慎重に選ぶ必要があります。なお、ローンを利用して中古マンションを購入すれば、投資金額に対する利回りは飛躍的に上昇し、資産運用の効率を高めることができます。